2017-11-30

「Lodger」

lodger1701.jpg

ベルリン三部作、と言われる中の最後の作品。

前2作の「ロウ」「ヒーローズ」に比べ非常にポップで聴きやすい内容になっている。
アルバムジャケットも鼻を折られてトイレで転がっている姿がコメディちっく。

前にも書いたことがあるが、三部作の完結編は日本を舞台にした
「NO(能)」という作品になる予定だった、と当時のFM雑誌で読んだ記憶がある。

かなり具体的な内容だったので、実際に発売寸前までいっていたのではないだろうか。

もしかしたらレコード会社の駄目出しで、急遽「ロジャー」に差し替えられたのかも知れない。

まあそれはともかく「ロジャー」の話。
このアルバムを出す前年(78年)ボウイは長期間ケニヤに住んでいたらしい。

それでアフリカンテイストな「ナイトフライト」「ヤサシン」
旅情を感じる「素晴らしき航海」「ムーブ・オン」などの楽曲が散見される。
ケニヤ暮らしでそれまでの内省状態から一気に開放されたのか、全編何か突き抜けた軽やかさがあり
またアンジーとの離婚が成立した頃だったので、愛息ゾウイを励ますための楽曲
「ボーイズ・キープ・スウィンギング」も収録されている。

前2作ほどの強いインパクトはないものの、ずっと愛聴したい名曲ぞろいのアルバム。

LPが発売されたときには岩谷宏氏による金釘流手書き文字の超意訳詞がついていたのも懐かしい思い出(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
大徳寺貴更中心としたドール、フィギュアスケート、
映画、音楽その他何でもありの雑多なブログ。

…でしたが2016年1月10日以降は専らDavid Bowie追悼ブログ。
2017年1月10日の一周忌まで期間限定更新予定です。

★当ブログ内のすべての画像、テキストの転載は禁止です。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索