2017-12-10

「Tonight」

tonight01.jpg

過小評価されすぎなアルバムだと思う。

少なくとも私は前作よりもずっとこの人らしいと感じる楽曲が沢山ある。

特に一曲目「Loving the Alien」は歌詞も曲も、後世に残る名曲ではないだろうか。
(PVは過剰な感じでイヤだが(^_^;)
B面1曲目のボウイ節冴え渡る「ネイバーフッド・スレット(隣人の驚異)」も然り。

とても短くてあっという間に終わってしまい、B面の印象が非常に薄い。

短くて散漫、という意味ではステステにも通じるがあっちは些か
過大評価気味(それもネット時代になって以降のことだ)なのに対し、
本当に不遇なアルバムだと思う。

本当はレッツダンスの流れの中にRCA時代の…なんだったっけ?スケモンだっけ?
を合わせたようなアルバムになる予定だったらしいが、諸般の事情でそういかなかったのだろうか。

私は90年代になってからもずっとよく聴いていたし
アルバムジャケットのデザインが好きでLPレコードを長いこと部屋に飾っておいた。

何かのきっかけで、そのうちにもっと再評価される日がくるといいな、と思う。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
大徳寺貴更中心としたドール、フィギュアスケート、
映画、音楽その他何でもありの雑多なブログ。

…でしたが2016年1月10日以降は専らDavid Bowie追悼ブログ。
2017年1月10日の一周忌まで期間限定更新予定です。

★当ブログ内のすべての画像、テキストの転載は禁止です。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: