2018-03-11

2004年3月11日

この時間には、大阪城ホールでボウイさんと同じ時間を過ごしていた。

今日のような暖かいお天気の日ではなくて、冷たい小雨の降る日だった。
その上私は朝から体調が悪く、なぜだか理由もなく気持ちもネガティブ。

夕方になってもなかなか出かける気にならず、もう行くまいか、とさえ思っていた。
それでも何とか気を取り直し、とにかく京阪電車に乗って京橋まで行こう、
それでしんどかったら引き返してくればいいんだし、と自分をなだめすかすようにして
ようやく重い腰を上げた。

京橋駅でもちょっとした不快な出来事があって、ますます気持ちがネガティブに。
ゾクゾクと寒気はするし、前座のきよはるのステージ中はほとんど寝ていたと思う(^_^;

きよはるのセットのバラシがあってそこから休憩、ボウイさんの登場は8時過ぎだっただろうか。

1曲目は「レベル・レベル」

それまで自分の全身を覆っていた、黒々とよどんだ澱のようなものは
ボウイ登場のその瞬間に、まさに一瞬で宇宙の果てまで吹き飛ばされて
雲散霧消、強制成仏させられた。

そのあとはもう…ただただ天国だった。

これがこの世のことだとは思えないほど、私は幸福で幸福で、
その日から1ヶ月間、ずっと嬉し泣きが止まらなかった。

2004年3月11日。

デヴィッド・ボウイのこの日本でのラスト・コンサートだった。

忘れもしない、光の洪水の記憶。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
大徳寺貴更中心としたドール、フィギュアスケート、
映画、音楽その他何でもありの雑多なブログ。

…でしたが2016年1月10日以降は専らDavid Bowie追悼ブログ。
2017年1月10日の一周忌まで期間限定更新予定です。

★当ブログ内のすべての画像、テキストの転載は禁止です。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索